転職活動とか糖質制限とか子育てとか美容とか更年期への恐怖とか・・

40代の暮らし

40歳からの糖質制限

糖質制限 33&34日目 軽度ぎっくり腰で動けなくなると。

更新日:

糖質制限を順調しつづけているなか、腰を痛めてしまいました。

歩いたりは何とか大丈夫だけど、かがんだり、ひねったりはかなりつらい、というぐらいの軽度のぎっくり腰ですね。

 

腰を傷めるのはいつも同じポーズ。

ちょっとした隙間に落としてしまった、手が届きそうで手が届かないものを拾おうとした時限定(笑)。

 

注意していたんだけどなー・・。

 

 

でもま、痛いながらも歩けるしいいか。

 

ってことで、安静第一の私はすることがない。

そして、やけ食い期継続中。

 

あー!あまり動けないし、なんか食べたくてイライラする!!

食べよ!なんか食べよ!!

 

ということで、先日買ったくるみ1kgをあけてポリポリ。

アーモンドも300g買ったので一緒にポリポリ。

 

1kgはさすがに大きい!

 

くるみ1kgの隣はアーモンド300g

 

 

 

まさかくるみ全部食べる訳には行かないので

 

 

BIKKEの低糖質パンをパクパク。

コレはショコラ味のバターロール。カカオの香りがふんわりなのに甘すぎずとってもおいしい。

 

 

 

 

 

これはプレミアムバターロール。

バター感は少ないけど、普通のパンと同じ。

低糖質感は感じないところが凄い!

 

 

 

あと、いつものこれ。

 

 

くるみについて

クルミは低糖質だからいいよねー♪なんてバクバク食べている私。

とはいっても、食べ過ぎは良くないよね。何が良くないんだろう?

と思い、調べていました。

 

高カロリー

ご存知の方も多いと思いますが、クルミは超高カロリー!

 

私が購入したクルミですが

 

100gで716kcalってなかなかですよね。

軽く片手にのるくらいで、30gですもん。

余裕で食べられちゃう。

いくら糖質がないからと言っても、カロリー取りすぎは太る元です。

 

不溶性食物繊維の取りすぎ

くるみの特長のひとつは豊富な食物繊維。

便秘に有効な不溶性の食物繊維。

ただ、取りすぎると逆に便秘を促してしまうのだそうです。

 

 

αリノレン酸と

くるみにはαリノレン酸っていうのは、取りすぎると体内で酸化してしまうと、しわやたるみの原因となってしまうんです!

また、古いクルミほど酸化が進んでしまうので、なるべくなら殻付きのものが良いそう。

殻付きは大変だから、とりあえず新物がいいかもしれませんね。

 

過剰摂取してしまうと、αリノレン酸が血管にくっついて血液の流れが悪くなるらしいです。

 

くるみの適量

1日に摂取するくるみの適量は約40グラム(7~8個くらい)です。

 

まとめ

ただいま朝の10時半ですが、すでにクルミを50ℊは食べてしまった私。

もう、上限を超えており、ちょっとテンション下がっています。

 

いろいろと調べてみて、αリノレン酸の取りすぎがちょっと怖いなと。

高カロリーぐらいがネックなのだったら「ま、調整すればいいや」と思うところだったのですが。

 

でも、αリノレン酸ってサプリがあるくらいで。悪いものでは決してないんですよね。

 

身体に必要なことは間違いないので、やはり「取りすぎないように」するしかないということかなと思います。

-40歳からの糖質制限

Copyright© 40代の暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.