注目の記事 PICK UP!

クラシックをもっと気軽に聴けるといいのにな。

こんばんは。

昨日、久々にサントリーホールへ行ってきました。

 

ルツェルン祝祭管弦楽団の演奏を聞きに行ってきましたよ!

 

 

先に言っておきますけど、私オーケストラについて全くのど素人、ただ「好き」なだけです。

どこの演奏が好きとか、どの指揮者が好きとかないしよくわからないし、

CDはいろいろと持ってたりしますが特にこだわりもなく。

ただ、どうせ聴くなら「イイヤツ」聴きたいなと思うだけ。

その程度の「クラシック音楽好き」なんです。
という訳で、小難しいことは全くわからないので、昨日の演奏について具体的な感想はないんですけど(えっ!)。

いや、まだ川崎と京都での演奏が控えていますしね。

演目はサントリーホールとは違うようですが。

 




 

 

サントリーホールでの演目は下記の通り。

ベートーヴェン: 劇音楽『エグモント』序曲 op.84
ベートーヴェン: 交響曲第8番 ヘ長調 op.93
ストラヴィンスキー: バレエ『春の祭典』

指揮:リッカルド・シャイー

 

 

 

感想は・・
ただただ素晴らしかった。

 

 

 

特に春の祭典は、数回聴いたことがあるだけで知らないも同然で行ったのですけど(すみません汗)、圧倒されました。

 

 

知らない曲を夢中になって聴かせる力って凄いですよね。

 

そこまでクラシックに傾倒していない人さえも聴かせる力とエネルギー。

 

「そのパワー」の源はなんなのか、ちょっと考えさせられました。

 

そして楽しかった。
なんか聴いてて笑顔になってしまう。

「今私すごくいい音楽聴けてる」っていう嬉しさ。
そこからくる楽しさ。

聴いてて嬉しくなって笑顔になってしまいました。

 

でもちょっと空席が目立っていたかなぁ。

こんな素晴らしい演奏なのになー。

もったいない。もったいなさすぎる!!

 

 

やっぱり高いからかな?

S席、35,000円って!!!

D席ですら18,000円なんですもの。

 

 

高いと思うか安いと思うかは人それぞれですけどね!

私にとっては友人に「行こうよー」と気軽に声をかけられる金額ではないかな。

 

 

うちの息子もつれていきたかったんですけど・・。

我が家では息子を連れていくにはムリな金額ですわ。

 

きっといろーんな事情があってこの価格設定なんでしょうね・・。

海外から楽団呼ぶんですもんね・・。

 

 

息子よ、自分で稼げるようになってから聴きにに行っておくれ。

ふがいない母でごめんよ。

 

 

 

 

もっと気軽にオーケストラを聴くことができたらいいのになーと、ボケーっと思う私でした。



最後まで読んでいただきありがとうございました!






関連記事

  1. 沖縄シークヮーサーサワーとサングリア KALDI

  2. こども47道具展 こどもの家具が展示されていたので見てきました

  3. きなこの風味しっかりふわふわスプレッド 

  4. コーヒーポーションで楽々コーヒータイム

  5. SMAPの草彅さん、香取さん、稲垣さんの退職は社会人としての転機ですね。

  6. おいしーい♪瀬戸内レモンを使ったトルティーヤチップス レモンチキンペッパー味

  7. 嵐ファンの母さん。ファンになったきっかけ書いちゃった。

  8. ファネットチェア フィンランドのデザイナーの椅子です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP