注目の記事 PICK UP!

子供のころに嫌々始めた習い事にはまったりする。私の場合はピアノでした。

こんにちは!

子供のころ習い事ってしてましたか?

私はピアノと書道を習っていました。定番中の定番ですよね。

両方とも、私から習いたいと言ったのではなく

親のススメで習い始めました。

 

特にピアノは幼稚園のころから

親「習ってみない?」

私「いやだ!」

の繰り返しでしたが小学1年生の時に渋々習い始めることに。

 

これが、私びっくりするほどはまりました。

ピアノに。

今となっては親に感謝しかないです。

ピアノ弾くことが楽しくて楽しくて、どんどん上達するのがまた楽しくて。

 

高校生のころには上手い下手は置いておいて

(てか、上手くはない)

技術的に大体の曲は弾けるようになっていました。

 

ピアノを弾いていると、いつのまにかその世界に入り込んで夢中になって

現実から離れられるのがよかった。

本当、ストレス発散でした。

 

特に、私はあくまでも「趣味」だったから必死になって練習することもなかったですし、自分のためだけに弾いていたのがよかったんだと思います。

 

社会人になって、一人暮らしをしたときに初ボーナスで買ったのは「電子ピアノ」でした。

今思えば、社会人になって新たなストレスが加わって、弾きたくて弾きたくて仕方なかったんでしょうね。

初ボーナスで買った電子ピアノ、20年経った今も我が家にあります。

 

 

今は以前のようにピアノに触れる機会も減り、技術的にも落ちましてろくに弾けません。あの頃あんなに弾けたのがウソみたいです。

 

けれども、集中したいときなど、よくピアノ曲を聴きます。

なぜか集中力が高まるのがショパンの練習曲集。

当時よく弾いていました。これを弾いていると最高に集中力が高まったものです。

今でも仕事をしながらとかヘッドホンでショパンの練習曲を聴いていると、今でもなぜか集中力が高まるような気がします。

ショパンの練習曲=集中力

っていう刷り込みがあるのかも(笑)。

 

 

現在もたまにピアノに向き合いますが

気持ちは以前のまま、テクニックは初心者に逆戻りなので

心と体が追い付かずイライラするばっかりで、ストレス発散どころかストレスたまる方向に。

あれですね、運動会の父兄のリレーなどで足がからまるお父さんと一緒ですね。

 

今の私にとってはピアノは聴くものになってしまいましたがボケ防止にも良いというし、根気よくまた始めようかな。

まずは心と技術を同じレベルに持っていくところから(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



最後まで読んでいただきありがとうございました!






関連記事

  1. レアチーズシュー 山崎製パンのレビュー

  2. ファストファッションに傾倒する母さんの気持ち

  3. フォトブック

  4. 息子が不在の日に「今日は思いっきり残業できるな」と喜ぶ私。

  5. 瓶ビールでも良いけれども!!

  6. 40代にしてマンガデビュー

  7. 保育園送迎に公用車使用のニュースを聞いて思ったこと

  8. 明日から期末テスト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP